スズキ、ジュネーブモーターショーで、コンセプトカー「iK-2」と「iM-4」を世界初公開記事のタイトルを入力してください

image

スズキ、ジュネーブモーターショーで、
コンセプトカー「iK-2」と「iM-4」を世界初公開image

 

SUZUKI株式会社は、2015年3月3日から開催されている第85回ジュネーブ国際モー

ターショーで、コンパクトカーiK(アイケイ)-2(ツー)および小型4WDiM(アイエム)-4(フォー)の2台のコンセプトカーを世界初公開した。また、これらモデルに採用されている新環境技術として、次世代軽量プラットフォーム、直噴ターボガソリンエンジン“BOOSTERJET(ブースタージェット)“、マイルドハイブリッドシステム”SHVS“を紹介した。

 

2015年3月3日に行われた記者発表会において、鈴木俊宏副社長は「スズキは、次世代軽量プラットフォーム、直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」、マイルドハイブリッドシステム「SHVS」の3つの環境技術の開発に取り組んでいる。その皮切りが今回発表する2台のコンセプトカーである。これらが示す価値こそが、これからのコンパクトカーに求められる最も新しい価値である。」と述べた。

スズキは、「iK-2」をベースとした量産モデルを2016年初頭に欧州市場に投入する予定であり、「iM-4」も量産に向けた開発を進めている。これらモデルを市場に投入することで、お客様に新しいコンパクトカーの価値を提供できると述べた。

コンパクトカー「iK-2」

image iK(アイケイ)-2(ツー)は、「Harmonised Force (調和した力)」をコンセプトに、デザイン性・実用性・快適性・操縦性・走行性・燃費というコンパクトカーに必要とされる要素を高次元で融合させることで、コンパクトカーの価値を極限まで向上させた、スズキが考える理想のコンパクトカーである。

特長

· 水の塊が動き出す時のエネルギー移動をイメージした、流れるような優雅さと、全高を抑え、全幅を広く取ったダイナミックな力強さを併せ持つデザイン。

· 次世代軽量プラットフォームと1.0L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用による低燃費かつ力強い走行性能。

· 全長4,023mm×全幅1,920mm×全高1,450mm

1.0L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」

 

小型4WD「iM(アイエム)-4(フォー)

image iM(アイエム)-4(フォー)」は、「Shape the Inspiration(インスピレーションを形にする)」をコンセプトとする、とても個性的な小型4WDである。スズキ4WDのDNAと最新技術を個性的なデザインにパッケージすることで、コンパクトカーの行動範囲や自己表現力の可能性と楽しさを拡げ、乗り手にインスピレーションを与える新提案モデルスタイルである。

 

特長

シンプルながら愛着や親しみがあり、かつ新鮮さ感じさせるデザイン。· エスクード等のスズキ4WDの特徴である貝殻形状のボンネットや、スイフト等に採用されている黒色のA・Bピラー、初代セルボやフロンテクーペから受け継いだCピラー周りからリヤへの造形など、スズキの伝統を感じるデザインを随所に散りばめたモデル。· 4WDシステムと高い最低地上高により、雪や未舗装路でも安心して走れる走行性能を実現させた。
· 次世代軽量プラットフォームに「SHVS」を採用した1.2Lデュアルジェット エンジンを搭載し、低燃費・低CO2排出を実現。· 全長3,693mm×全幅1,709mm×全高1,566mm「SHVS」

新環境技術

スズキは、トップクラスの環境性能を目標に、次世代軽量プラットフォーム、直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」、マイルドハイブリッドシステム「SHVS」の3つの環境技術の開発に取り組んでいる。これらは環境性能のみならず、走行性能の向上にも貢献する技術である。

 

1.軽量化と基本性能向上を追求した次世代軽量プラットフォーム(採用モデル:iK-2、iM-4)

 

· アンダーボディの主要な構造や部品の配置を最適化し、効率よく剛性を高めながら軽量化を企画、燃費・安全性・操縦安定性・静粛性などを向上した。· 機能部品のモジュール化を企画することで開発効率を最も高めたプラットフォーム。

 

2.低燃費と運転する楽しみを両立した、1.0L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」(採用モデル:iK-2)

 

· 排気量のダウンサイジングによる燃費性能向上と過給機による出力及びトルク進歩を現実にした。· コンパクトカーならではのコンパクトサイズや重量に対する高い要求を満たすため、軽量化技術を駆使した、コンパクトで軽量なエンジン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る