スズキ株式会社、欧州発のクロスオーバー「SX4 S-CROSS」を輸入車として日本投入


 

 

スズキ株式会社によると、欧州を中心に世界マーケットに投入している「SX4 S-CROSS」を自社銘柄のインポート車として日本に投入することを2015年2月19日(木)に発表した。
「SX4 S-CROSS」は、2012年9月のパリモーターショーに出品したコンセプトモデル「S-Cross」をベースに開発し、2013年8月より製造を開始。スズキの小型モーターカーの技術とSUVの技能を結集してつくりあげたクロスオーバー。ワイドな居住空間としっかり積める荷室スペースを備えたパッケージング、力強い加速性能と燃費性能を両立したパワートレイン、しなやかな走りを具体化する足回りを利点としている。
日本に投入される「SX4 S-CROSS」の概念は、乗用車の使い勝手と確かな4WD性能に裏打ちされた力強さや個性を主観主張するSUVの外観を持ったクロスオーバー。外装構想デザインの検討度合いから空力パフォーマンスをリサーチし、燃費改善とともに風切音の低減を実現。高剛性ボディーを基本に効果的な防音・防振対策を施し大幅に静粛性を改善させた。また、車両サイズをアップしながらも、エンジン、サスペンション各部品、インパネ樹脂部品の再考慮をはじめ、ボディーに高張力鋼板を多用するなど剛性を上げ50kgの軽量化を達成している。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る